2014年05月30日

面会1回目

5/25に最初にhanaちゃんに会って、即決した我が家。
4/21生まれだから、2ヶ月後にhanaちゃんを我が家に迎えることになる。

それまで、少しでもなじんで欲しいので毎週hanaちゃんに会いに行くことにした。

2014-05-30-17.56.jpg

2014-05-30-18.47.jpg
タグ:キャバリア
posted by バルタン・イザベラ at 20:57 | Comment(0) | hanaがウチにくるまで

2014年05月26日

はな?ハナ?hana?

我が家のキャバリアmomoが「涅槃で待つ」・・・じゃなかった「虹の橋で待ってる」と言い残して逝ってしまったのが2014年4月3日のこと。
以来日々涙の池を家中に作ることに打ち込んでいたバルタンのところにmomoからメッセージが届いた。
「ここで待ってるのにまだ迎えにきてくれないの?」
???
「ここってどこよ??」
???
「待ってるって??」
とりあえず涙の池の制作はペンディングとし、どうやらmomoが生まれ変わってるらしい子を探すことにした。

最初に目に付いたのがmomoが虹の橋に逝った4月3日生まれのアメリカンコッカーちゃん。
この子かな??
と思ってまずはその後お世話になることになったライフウィズドッグの金子さんにそのアメコカちゃんについてお問い合わせしてみた。
ところがそのアメコカちゃん、もう行き先が決まってしまったということで、別のアメコカちゃんに面会することになった。

わんわん物語世代のバルタンとしては、アメコカのレディーちゃんは生涯のあこがれ。きっとmomoが生まれ変わってるのはアメコカちゃんに違いない!と自分に都合のよい解釈をしてたけど、やはり違ったみたい。

夫のmomo兄(なぜmomoパパでないのかはいずれまた)が、いくらなんでも4/3に虹の橋に行ったんだから、4/3生まれの子がmomoのはずはない!ときわめて当たり前のことをバルタンに指摘。
確かに。

そういえば金子さんに別のアメコカちゃんとの面会セッティングをお願いしたものの、成犬のアメコカちゃんのサイズがまったくわからない・・・という根本的な事に気がついた。そこで、まずは成犬を見てみようと思ってアメコカのブリーダーでもあるという近所のドッグランに行ってみることにした。そこにはおもいっきりかわいいバフのアメコカのメルシーちゃんがいた。メルシーちゃんはアメコカの営業部長。おもいっきり「ああ、アメコカってかわいい♪」とバルタンのアメコカ熱を上げる役にたってくれた。

メルシーちゃんのサイズはアメコカのスタンダードだということで、キャバリアよりひとまわり大きくがっしりずっしりしてる。momoはキャバリアの中では華奢で小さい方だったのでメルシーちゃんがとてもがっしりしてるように感じられた。

そこのドッグランの経営者らしき方から「ウチには今いないけどはじめてのアメコカならバフがおすすめ。パーティーカラーはバフより猟犬の性質が強い。」と教えてもらい金子さんのセッティングのアメコカちゃんとの面会がちょっと楽しみになった。

一方momo兄はメルシーちゃんと会ったときにアメコカとキャバリアの比較について経営者らしき方からうけた説明で「キャバリアよりアメコカの方がテンション高いし必要運動量も多いしちょっと手間がかかる」という部分が気になったらしく、「アメコカ自信ない。」と言い出した。

てゆうか〜、momoのしつけもしてないじゃん、momo兄。


でも、会う前からすでに構えちゃってるので「う〜ん、どうしようかな〜」と思いながら金子さんのHPを見てたらそこには新しいわんことしてキャバリアが掲載されてた!そして一目で

「誕生日がアタシと同じ!」
「ああ、この子がmomoが言ってた子なのね!」

と思い込むことに。

そして急遽アメコカちゃんとの面会をこのmomoの子分との面会に変更してもらったのだった。

momoが迎えに来いとメッセージをよこしたとき、ふたりで名前を決めた。
momo兄が「momoの子分だからはなちゃんだよな!」←どうゆう論理??
あたしは「アメコカのバフだったらやっぱりハナちゃんだよね!」←おじゃ魔女のハナちゃんの変身姿がアメコカのようだから。

となぜか最初からふたりの結論は同じだったので名前だけは先に決まっていた。
momoの子分だから「はな」でも「ハナ」でもなくやっぱり「hana」だよ!
と表記まで同じ考え。

そうしてhanaに面会したら・・・・・・やっぱり間違いなくmomoの子分のhanaちゃんだった。

こうしてhanaがウチにくることに決まったのだった。

タグ:キャバリア
posted by バルタン・イザベラ at 10:54 | Comment(0) | hanaがウチにくるまで