2014年09月03日

お庭ドッグランができるまで

今日はhanaの話題でなく芝生の話題です。

5年ほど前に今住んでいるところに家を建てました。
この場所にした理由はまわりの景色のよさと広い庭が確保できるから。
夫の父の実家が鴻巣の農家なので、桶川、北本、鴻巣の農地を買うことができます。
(農家の親戚の特権/笑)ただし、農地に家を建てるのはとても手間暇かかります。
実際我が家も2006年から設計などをはじめて引っ越しできたのは2008年の夏です。
これも農地を宅地に変更する手続きにかなりの時間がかかるためです。
なんでそうまでして農地に家を建てたかったかというと、当時いたわんこたちのためです。
もともと住んでいたところがさいたま市内の調整区域で住宅地ではなく田んぼのエリアでした。そんな環境から住宅密集地に引っ越すのはあまりにもかわいそう・・・ということで、せっかく親戚が農家なのでそれを利用させていただいて、農地を宅地にしようということになったわけです。

で、庭をマイドッグランにしようと・・・思ったまではヨカッタのですが、それはもう大変でした。
ドッグラン部分を40坪程度確保し、家を建築してるそのわきで自分達で土を掘り起こし雑草をぬいて整地して芝の種をまいて芝生をそだてたのです。

まず、単純に広い方がいいよね♪なんて考えた自分たちが浅はかでした。せめて半分の広さにしておけばよかった。

20080509.jpg
2008年5月9日 とりあえず建築中の家を横目に庭の雑草を一掃。

20080615.jpg
2008年6月15日 雑草をほじくりかえし石をほじくりかえしこんなことに

20080702.jpg
2008年7月2日 ちょっと気を許すとあっという間にまた雑草が・・・。


20080710.jpg
2008年7月10日 ようやくある程度平らに・・・

20080711種まき.jpg
2008年7月11日 芝の種まき 芝は犬の排泄物に強いティフ・ブレアという洋芝(洋芝だけど冬は枯れます)

20080713あり.jpg
2008年7月13日 ティフ・ブレアがアリに収穫された!

20080719発が.jpg
2008年7月15日 発芽。ティフ・ブレアの芽がわからないと困るので植木鉢にも種まきしておいた。おかげで芽が出たことがわかった。

20080724.jpg
2008年7月24日 アリに負けそうになりながらもなんとかあちこち芽がでてきた

20080726-15日目.jpg
2008年7月26日 種まきから15日目

20080809-29日目.jpg
2008年8月9日 種まきから29日目

20080909.jpg
2008年9月9日 さらにその一ヶ月後

20081007.jpg
2008年10月7日 ちょっとドッグランぽくなってきたのでご近所キャバのチャーくんと遊ぶ先代キャバ嬢momo

20081107.jpg
2008年11月7日 魚眼レンズで撮影した芝生と先代MIX犬ルル

20090406.jpg
2009年4月6日 翌年の芝生。

20090928.jpg
2009年9月28日 ようやく芝生らしくなってきた

20100616.JPG
2010年6月16日 ついにタイル部分にまで芝が届いた

2014-08-03 15.39.40.jpg
2014年8月3日 そしてこれが今年

2011年まではパナソニックの20cmのロータリー式電動芝刈り機を使ってましたが、壊れてしまったのと、震災後の計画停電があったのでそれを機会に電動式をやめて手動式の37cmのBOCSHにしました。が、さすがに手動式は芝刈りに時間かかって(汗)。それで今年は思い切ってHONDAの電動37cmにしました。おかげでBOCSHの時の半分以下の時間で芝刈りできるようになりました。ただ、BOCSHは壊れてはいないので何かあったときのために一応とってあります。

芝生は夏場きれいな高麗芝や冬場きれいなケンタッキーブルーグラスだったらそりゃあきっとビューチホーな芝生になるんでしょうけど、目的はドッグラン。わんこたちのために肥料も薬剤も使いたくなかったので一番頑丈な芝ティフ・ブレアにしました。ティフ・ブレアは日当たり命。そのかわり水まき不要です。ウチは日当たりだけは最高(まわりに家がないから)なので一度定着したらあとは芝刈りさえできればOKです。

雑草は芝刈り機で一緒に刈ってしまうのと、ティフ・ブレアにはアレロパシー効果といって他の草を抑制する物質をだす性質があるので、芝刈り以外の手間はかけてないのにそれなりに繁殖が抑えられます。
(芝が伸びていない庭の他のエリアは雑草で大変なことになってますけど)

振り返ってみると、芝生造成での一番のポイントは整地だと思います。
いかに平らにしてから種をまくか。これがその後の最大のポイント。
そして敵は雑草よりもモグラです。
モグラがせっかく整地した地面をぼこぼこにします。

モグラにはティフ・ブレアのアレロパシー効果は効かないし(笑)。
わんこが走り回ってた頃はモグラはやってきませんでしたが、先代ルルがお星様になり、momoがお星様になって庭を走り回るわんこがいなくなったら毎朝もぐらの土の山ができてました。
hanaが庭を走り回るようになったら、またもぐらの山はできなくなったので、もぐら対策は実はわんこが一番なのかもしれません。

今のウチの芝生はそんなわけで凸凹なのですが、これはもう地道に目土でならしていくほかありません。
ああ、めんどくさい。

腰痛持ちの夫婦には土運びなんてやる気にさえなりません(笑)。

そうそう、ティフ・ブレアにとって最大の敵はアリです。発芽するまでにどれだけの種をアリにもっていかれたのか・・・。対策は種まき前の整地の時にできるだけ地面を固くすることだそうです。と、後から知りました。
後は蒔いた種の上に土ではなく砂をまんべんなくかぶせる。これもポイントだそうです。

芝の種類は
高麗芝系
夏青青として葉が小さいので見た目がきれいな高麗芝は、犬の排泄物に弱く雑草に負けやすいので通常の庭できれいな芝生にするときは肥料やら薬剤やらが結構必要になります。ドッグランで美しさは関係ないという場合は肥料も薬剤も使わず養生すれば素材は一番安上がりです。

ケンタッキーブルーグラスなどの洋芝系(冬芝)
こちらは冬青青としてきれいな芝生になりますが、注意事項は高麗芝と同じです。むしろこちらの方が美しさにこだわった場合薬剤などかなり使うことになります。洋芝は美しさが命ですから美しさにこだわらない場合は高麗芝で充分ということになります。(ただし、冬緑にしたいなら洋芝)

ティフ・ブレア
これは洋芝の夏芝の系列の芝です。葉が大きいので冬芝の洋芝や高麗芝のようなきれいな芝生にはなりません。そして日当たり命ですので、半日陰などでは成長しません。そのかわり犬の排泄物に強く水まき不要で雑草抑制効果は芝の中ではたぶん一番です。ただし、種や苗が高麗芝よりお高いです。

以上これからお庭を芝生のドッグランにしたいと考えてる方への参考になれば・・・。
タグ:芝生
posted by バルタン・イザベラ at 13:16 | Comment(0) | 日記