2015年05月13日

防蚊加工生地タンクトップその2

あたしってなんてバカァ。心底バカァ。と思ったバルタンです。

今週税理士の先生に会うから、税理士の先生のわんちゃんのために防蚊加工生地でタンクトップをつくることにしました。今度はパーティーカラーにしてワンポイント入れよう♪なんて思いながらつくりはじめました。

が、またもやアイロンプリントの文字をひっくり返すのを忘れてしまいました。
これにより「LOVE」って入れるつもりだったのを却下(めんどくさくて作り直す気になれなかったので)。
そしてハートマークを生地にアイロンプリントで入れて、色が変わる部分をつなぎあわせました。
調子に乗ってリブ以外全部縫ってから、補強のステッチを入れるつもりだったのをすっかり忘れていたことに気づいたのです。
仕方なく縫い上がったボディの狭い空間で直線縫いをかけなくてはならなくなってしまったのでした。
ボディの補強ステッチをかけてリブを縫い合わせていたら突然針が折れました。
もうーいやぁーーーん(涙)
そして針交換。
なんだか踏んだり蹴ったり状態だったけど、なんとか出来上がりました。

税理士の先生のわんこは日本スピッツ。ハナマルキよりほんの少し大きいのですがキャバリアと違ってスピッツは胴長ではないので丈を少し短くしました。
無事着られるといいんですけど。

2015-05-13 19.58.33.jpg
ほんとはハートの下にLOVEと入るはずだったからなんとなくマヌケになっちゃった。

2015-05-13 19.59.00.jpg
おなか側は黄色です。

2015-05-13 20.00.22.jpg
この黄緑「ガチャピン」って名前の色です。まさしくガチャピン(笑)。

防蚊加工生地にアイロンプリントが気になっていたのでやまのこさんに問い合わせたら

モステクトの場合、転写シートの素材によってはその部分の有効成分の放出は無くなる、もしくは少なくなるそうですが、裏面からは変わらず放出されるんだそうです。

アイロンがあたること自体は大きな問題ではないようですね♪

1223900_2154970036_182large.jpg
今日も元気に庭に軍手をばらまくhanaさん。チッコするときでさえ咥えた軍手は放しません。

タグ:お洋服
posted by バルタン・イザベラ at 22:36 | Comment(0) | 2歳まで